休みの日に見たい おすすめアニメ30選

『鬼滅の刃』単行本22巻ネタバレ・あらすじ紹介!日の呼吸13の型、禰豆子が人間に

鬼滅の刃 漫画を無料で読む方法について

この記事では漫画「鬼滅の刃」22巻のあらすじ・ストーリーのネタバレを紹介。
併せて22巻を読む方法、アニメ「鬼滅の刃」の動画(見逃し配信)・再放送も無料で視聴する方法も教えますね (*´ω`)

鬼滅の刃 最新巻 22巻の発売日はいつ?

鬼滅の刃 22巻の発売日は2020年10月2日(金)予定です。今回も売り切れ必死ですね。書店でも売り切れが続いて全巻購入が難しい状況が続いてます。最新刊も予約するか、電子書籍での購入をお勧めします。

鬼滅の刃 22巻を無料で読む方法について

2020年の年初時点でシリーズ累計4000万部達成!

結論から伝えると漫画「鬼滅の刃」はU-NEXT(電子書籍・動画配信サービス)を利用すれば無料で読むことができます。U-NEXTでは初回登録後、31日間無料トライアルキャンペーン実施中です。

鬼滅の刃 U-NEXTで読める本 一覧

動画だけでなく電子書籍も扱っているので、マンガ「鬼滅の刃」、公式ファンブック、ライトノベル版「鬼滅の刃」も楽しむことができます。

初回入会で31日間無料トライアル + 600ポイントもらえる

U-NEXTの初回入会時はキャンペーンで特別に600ポイントがもらえます(1ポイントが1円相当)。そのポイントを使うことで 好きな作品の漫画・コミックなどを実質無料で読むことができるのです。

鬼滅の刃22巻は459ポイント(予測)。600ポイントあるので無料で読むことができますよ。電子書籍なので一度購読すればそれ以降は読み放題です。

月額契約を解約しても購入済の電子書籍は続けて読むことができるので安心してください。

またアニメ「鬼滅の刃」も見放題です。

この機会に、アニメ「鬼滅の刃」、ラノベ版「鬼滅の刃」、漫画版「鬼滅の刃」をお楽しみください。

漫画「鬼滅の刃」22巻 あらすじ・感想

鬼滅の刃 22巻の見どころを紹介しますね。派手なネタバレは控え、各話の概要レベルに抑えますのでご安心ください (*´ω`)

鬼滅の刃 22巻 の概要・特徴など

22巻は原作の第188話から第196話まで、9話を収録予定。

前巻 鬼滅の刃 21巻については別の記事でまとめています。

鬼滅の刃 漫画を無料で読む方法について 『鬼滅の刃』単行本21巻ネタバレ・あらすじ紹介!鳴女 vs 伊黒小芭内・甘露寺蜜璃クライマックス!無惨復活、怒りの愈史郎

鬼滅の刃 22巻 第188話 「悲痛な恋情」

(炭治郎の回想終わり。場面は無惨VS柱達)
激しさを増す無惨の攻撃。柱といえど防御で手一杯の状況だ。避けたはずの攻撃が甘露寺蜜璃に命中。甘露寺を隠に預けて戦線に復帰する伊黒に対して「伊黒さん死なないで!」と叫ぶ甘露寺。

伊黒は何も無い日常で甘露寺蜜璃と出会えていたら、と一瞬妄想するも、自分の生まれが醜い一族であることをすぐに思い出した。

(伊黒回想)
伊黒一族は女ばかりの家系で男の伊黒小芭内が生まれたのは370年振り。生まれて直ぐ牢に閉じ込められ育てられた。理由は小芭内が12歳になった時に、一族を守る蛇の鬼に生贄として与えるためだった。伊黒一族は蛇鬼に自分達の赤ん坊をいけにえとして捧げる代わりに、鬼が殺して奪った金品で生計を立てていた。

小芭内は蛇鬼と似せるため口を耳元まで切り裂かれていた。座敷牢で蛇の鏑丸と出会い、共に牢から逃げ出した。蛇鬼においつかれ殺される途中で当時の炎柱に救われたのだ。しかし小芭内が逃げたため、既に一族は既に蛇鬼に皆殺しにされていた。

無惨を倒して死にたい。鬼のいない世界でもう一度人間に生まれ変われたら、今度は必ず甘露寺に好きだと伝えたい。そのように回想する小芭内だった。

鬼滅の刃 22巻 第189話 「心強い仲間」

瓦礫の下から猫を救う隠。その猫は珠世の使いの猫・茶々丸だった。走りだす猫。

(場面は無惨VS柱)
無惨の圧倒的な攻撃力・回復力の前に劣勢の柱達。水柱・富岡は刀を握る握力も無くなってきた。無惨の毒が柱達を蝕む。

その時、珠世の猫が戦場に到着。背中につけた器具から柱達に無惨の毒を中和する血清を発射。毒が引いていく柱達。

一番成果を上げていないと自己認識する伊黒小芭内。時透無一郎が死の間際に刀を赤くできた理由は、刀を強く握りしめたのでは?と推測。伊黒小芭内は渾身の力で日輪刀を握りしめる!

鬼滅の刃 22巻 第190話 「ぞくぞくと」

伊黒は刀を赤くすることに成功するが、酸欠で失神しかけてしまう。迫る無惨の攻撃。その時、伊黒の体が宙に浮いて攻撃を避けた。

姿は見えないが何かがいると察した無惨。その正体は、愈史郎の血鬼術で姿を隠していた伊之助・善逸・カナヲの3人だった。

伊黒の赤刀が無惨を斬ると明らかに再生速度が遅い。赤い刀は有効なのだ。
悲鳴嶼・富岡・不死川は互いに激しく刀をぶつけ合い、刀を赤くする。

カラス「ヨアケマデ 1時間3分!」

鬼滅の刃 22巻 第191話 「どちらが鬼か」

炭治郎の治療に当たる愈史郎。無惨の毒に対抗する血清を何本も打ち続ける。
頑張れ!戻って来い!と必死に声をかけ続ける村田。
その時、刀を強く握り締める炭治郎の左目が開いた。

戦闘中の無惨と柱達。無惨が強烈な広範囲攻撃を繰り出す。
吹き飛ばされた隊士たちの大半は周囲の壁に直撃。ほぼ全員が意識を失う壊滅状態。最後に残ったカナヲに迫る無惨の鋭い触手。

その刹那、激しい炎が立ち上り、無惨の触手が斬れ飛んだ
「ヒノカミ神楽 輝輝恩光(ききおんこう)」

間一髪、カナヲを救ったのは炭治郎だった。炭治郎はカナヲを隊員(隠)に任せ、無惨と改めて対面する。

炭治郎の顔を見て「どちらが鬼かわからないな」と言い放つ鬼舞辻 無惨。戦場に復帰こそしたが、炭治郎の顔面は右半分が肉腫に覆われた酷い状態のままだった。

「終わりにしよう、無惨」

竈門炭治郎と鬼舞辻無惨。 二人の最後の決戦が始まるのだった。

鬼滅の刃 22巻 第192話 「巡る縁(めぐるえにし)」

(炭治郎回想)
倒れている間に祖先の記憶を除いた炭治郎。縁壱さんの日の呼吸の型を直接見せてもらい、体の動きを学んでいた。縁壱さんが見せてくれた型の数は12個だった。

十二の型を途中で止めること無く繋げて繰り返し舞い続ける。これが13個目の方に違いないと確信する炭治郎。無惨と戦いながら、技を繰り出し続ける。

鬼滅の刃 22巻 第193話 「困難の扉が開き始まる」

日の呼吸を使う炭治郎だが縁壱には遠く及ばない。無惨は異変を感じていた。「なぜ縁壱に遠く及ばない炭治郎を未だ始末できないでいるのか?」

珠世が使った薬に秘密があると感じ取った無惨。自分に取り込んだ珠世の細胞から珠世の記憶を直接読む。

珠世が女の柱と薬の研究をしている場面を見つけだす。 珠世と蟲柱・胡蝶しのぶの会話の中から、薬のもう一つの効果が「老化」だと知った無惨。

珠世と胡蝶しのぶで共同開発された薬には、人間に戻す効果が分解された場合、老化を早めさせる効果が出るように作られていたのだ。その効果は、なんと1分間で50年分もの老化作用だ。
無惨は薬の注入時間から、自分が約9000年も老化していたことに気付くのだった。老化が原因で無惨の動きも鈍くなっているのだった。

鬼滅の刃 22巻 第194話 「灼熱の傷」

愈史郎の指示で隊員たちは負傷したメンバーの救助に向かう。伊之助、善逸、カナヲの3人には血清が届けられる。愈史郎は岩柱・悲鳴嶼行冥の救護に。愈史郎の呼びかけに悲鳴嶼は反応しない。

「炭治郎一人では無理だ。珠世様、炭治郎に力を貸してください」と祈る愈史郎。

失神寸前で倒れそうな炭治郎を伊黒小芭内が救援。
伊黒小芭内は両方の眼球に傷をうけて失明状態だが鏑丸のフォローで戦い続ける。

戦闘中の炭治郎は無惨の肉体に無数の刀傷があることに気付いた。縁壱が付けた傷が未だに無惨を焼き続けているのだ。炭治郎は傷痕を狙って攻撃を仕掛ける

鬼滅の刃 22巻 第195話「めまぐるしく」

カァア!残り40分!

カラスの知らせを聞いた鬼舞辻 無惨がまさかの逃走開始。
ここで逃がすわけにはいかない。炭治郎と伊黒はすぐに無惨を追いかけて再び足止めを行う。炭治郎は愈史郎の血鬼術の札を伊黒に渡す。一時的に視力が回復する伊黒。

一方、鬼舞辻 無惨は息切れを起こしていた。無惨の肉体の限界が近いのだ。
熾烈を極める無惨との戦い。

その頃、禰豆子は炭治郎のいる町の入口近くまで来ていた。自らの右目を塞いでいた右手を取ると、右目が人間の眼球に戻っている(左目は鬼の目のまま)
禰豆子の体に何が起きているのか?

鬼滅の刃 22巻 第196話 「私は」

禰豆子の脳裏に過去の記憶がよみがえる。牙が引っ込み、爪も人間のものへ姿を変える。「私の名前は、竈門禰豆子!! 鬼に家族を殺された!」
禰豆子は鬼から人間に戻ったのだった。

鬼舞辻 無惨は縁壱戦と同様に爆発・分裂して逃走を図るが体が飛び散らない。
珠世の薬には細胞分裂を阻む効果があった。

更に無惨が激しく吐血!実は珠世の薬には4番目の効果「細胞破壊」の効果もあったのだ。 無惨に取り込まれた珠世の記憶が語りかける。

「薬は4つだ。3つの効果で弱ったところに細胞破壊が効き始める。さあ、お前の大嫌いな死がそこまで来たぞ」

続きは次号を待て!

漫画「鬼滅の刃」22巻を無料で読む方法 まとめ

最後に改めて紹介。漫画「鬼滅の刃」の22巻を実質無料でみるための手順は以下のリンクからU-NEXTに登録するだけです。
アニメ「鬼滅の刃」も見放題ですよ。

それでは素敵な漫画三昧生活をお楽しみください (*´ω`)ノ