エロアニメ・エッチなアニメまとめ13選

小林さんちのメイドラゴンSは面白い?1話の感想と評価、覇権になるか【2021夏アニメ】

この記事は2021年の夏アニメとして放送開始された「小林さんちのメイドラゴンS」第1話を見ての感想と評価についてまとめた記事です。おすすめ夏アニメが知りたい人の参考になれば嬉しいです。 (*´ω`)ノ

小林さんちのメイドラゴンSはどんなアニメなのか?

「小林さんちのメイドラゴンS」は2017年にアニメ化された「小林さんちのメイドラゴン」の2期に該当します。
原作は漫画で作者はクール教信者。月刊アクションにて2013年7月号から連載中で既刊11巻となっています。
メイドラゴンSのテレビアニメは7月7日から放送。

クール教信者さんは2021年夏アニメ「ピーチボーイリバーサイド」の原作者でもあります。同じ時期にアニメが2つ放送とはすごいですね!

メイドラゴンSのキャッチコピーは「ほっこりはちゃめちゃドラゴンホームコメディー」。

あのはちゃめちゃドラゴンメイドが再び!
ひょんなことから小林さんちのメイドとして働くことになったドラゴン・トール。
大好きな小林さんに時々(嘘。たくさん)迷惑を掛けながらも、なんとか人間社会に溶け込み立派に(嘘。そこそこに)メイド業をこなしていた。
同じドラゴンのカンナ、ルコア、ファフニール、エルマたちも、それぞれ自分の居場所を見つけて、人間たちと異種間コミュニケーションを満喫していた。
そんなまったり、たまに激動の日々を送っていた頃。
小林さんに、新たなドラゴンの脅威が襲いかかる―。

公式サイトより引用

基本的にはアニメ1期の雰囲気や流れをそのまま引き継ぐ感じで、新しいドラゴンが加わる…といった感じでしょうね。安心して見ることができるアニメ番組になりそうです。

小林さんちのメイドラゴンS 1話 感想レビュー

7月7日放送の第1話を視聴したので、ストーリーを含めてざっくりと感想を書いていきますね。

小林さんちのメイドラゴンSの世界観・設定はわかりやすいか?

世界観・設定はわかりやすいです。

・基本となる舞台は現代社会の日本
・人間の知らないところにドラゴン族が存在していた
・死にかけていたドラゴン・トールを人間の小林さんが偶然救う。
・「うちに来ないか」と小林さんがトールに声をかける
・命を助けてもらったトールはメイドとなって小林さんと同居することに。
・トールを追いかけて他のドラゴン族が現代社会に降臨。
・日常のドタバタ劇が繰り広げられる

ゆるーい感じの日常コメディで、人を選ばずに視聴してもらえる作品。
本来は凶悪・強力なドラゴンである、という設定を活かしたハチャメチャっぷりが楽しいですよ。

小林さんちのメイドラゴンSの作画は美しいか?

作画については良好。制作は京都アニメーション

1期の監督は武本康弘さんでした。らきすた、ハルヒ、氷菓など数多くの作品を手掛け、アニメファンから絶大な信頼を集めていましたね。2019年の京アニ放火殺人事件に巻き込まれてしまいました。心からお悔み申し上げます。メイドラゴンSでは「シリーズ監督」として武本さんの名前がクレジットされています

2期の監督は石原立也さん。日常、中二病でも恋がしたい、ユーフォニアムの監督も務めています。

作画は「さすが京アニ!」の一言。トールがドラゴンの力を前面に出したバトルシーン、カンナのゆるくてかわいい日常のシーン、小林さんのブラック気味な社畜シーンなど、場面の違いで緩急があって素晴らしい出来栄えです。

小林さんちのメイドラゴンSのキャラクターの魅力・声優陣の演技は?

1話を通してみましたが、各キャラと声優さんの声は違和感ありませんでした。
基本的にメインキャラの声優さんは前作から続投。

登場するキャラクター達も難しい設定は何もありません。
それぞれのキャラが特徴的なので、スッと話に入っていけますね。

私のお気に入りキャラは愛くるしさ担当の「カンナ」、お色気担当の「ルコア」です (`・ω・´)

1話のラスト・引きが気になるかどうか?

1話の時点では1期の登場人物の紹介、世界感の紹介、新たなドラゴン「イルル」が登場、と言ったあたりで20数分が終了しました。新キャラのイルルが今後どのように関係していくのか、そして小林さんの股間に男性器が取り付けられて来週どうなる?という、ギャグ的な展開を残した引きでしたね。

1期ではメイドラゴンに下ネタ的なギャグパートは無かったので、2期でどのような新展開を見せてくれるのか非常に楽しみです。

エンディングテーマの後に出てくる「今週の腐ったやつだーれだ占い」も気になりますw

小林さんちのメイドラゴンSは2021夏アニメの覇権になるか?

アニメファンの中では「今季のアニメ作品で一番良かったもの」に対して「覇権」という言葉が使われます。
「小林さんちのメイドラゴンS」ですが、1話時点での断定は難しいものの、覇権になる可能性はかなり高いと感じました。

年齢や性別を問わずに楽しむことができるのは大きいですね。バトルやギャグ、学園もの、お仕事描画、エロい要素があるなど盛りだくさん。

何気ない日常を描いた緩い作品、と思わせておいて、要所で種族の違い・考え方の違いなど深く突っ込んでくる良作です。

2話目以降の展開が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です