エロアニメ・エッチなアニメまとめ13選

「娼年」無料フル動画!松坂桃李の濡れ場が凄い キャストとラブシーンも紹介

映画『娼年(しょうねん)』の動画を無料視聴する方法

2018年に公開された映画「娼年(しょうねん)」。「若手人気俳優の松坂桃李が主演。女性達と体を重ねながら、心の傷を癒し・癒やれる“娼年”の成長を描く官能ラブドラマ」です。R-18指定で濡れ場・絡みのシーンが激しい、内容がエロいなど話題になりました。

アニー
アニー

「娼年の動画が見たい」「本当にしてる?実際にやっているのか確かめたい」「あらすじ・感想を知りたい」という声を良く聞きます。

この記事では映画「娼年」動画無料で視聴することができる動画配信サービスを紹介します。

娼年 動画を無料で見る手順

  1. 下のボタンリンクからU-NEXTへ
  2. U-NEXTに登録。初回登録で31日間無料
  3. 娼年の動画をじっくり楽しむ

WATCH NOW
映画「娼年」を見る
31日間無料トライアル実施中!

「娼年」のあらすじ、感想なども併せて紹介しますね (*´ω`)ノ

映画 娼年 予告編動画

松坂桃李の映画「娼年」フル動画を無料で見る方法

娼年が視聴できる主要な動画配信サービスを調査しました。

動画配信サービス 配信状況 無料期間
UNEXT 見放題 配信 初回31日間無料
FOD 見放題 配信 初回2週間無料
Hulu  未対応 初回2週間無料
Amazonプライム  未対応 初回30日間無料
dTV 見放題 配信 初回31日間無料
AbemaTV 見放題 配信 初回1ヶ月間無料

映画「娼年」視聴のおすすめはU-NEXT(動画配信サービス)です。U-NEXTでは初回登録で「31日間無料トライアル」「600ポイントプレゼント」キャンペーン実施中。キャンペーンにより実質無料で見ることができます。

※FOD,dTV,ABEMAの配信サイトはレンタル動画のため、入会の他に別途課金が必要になります。

U-NEXTではその他にも人気のアニメやドラマ(国内、海外、韓流)、洋画、邦画がいくつも見放題で配信中です。雑誌や漫画、成人向けコンテンツ(アダルト動画)もあります。

WATCH NOW
映画「娼年」を見る
31日間無料トライアル実施中!

「娼年」キャストと濡れ場

気になるのが松坂桃李と絡む女優陣ですよね。情報をまとめました。

  • 森中領(リョウ) – 松坂桃李
  • 御堂静香 – 真飛聖
  • 咲良 – 冨手麻妙
  • 平戸東(アズマ) – 猪塚健太
  • 白崎恵 – 桜井ユキ
  • 田嶋進也(シンヤ) – 小柳友
  • イツキ – 馬渕英里何
  • 主婦 – 荻野友里
  • 紀子 – 佐々木心音
  • ヒロミ – 大谷麻衣
  • ギャル風の女 – 階戸瑠李
  • 泉川 – 西岡徳馬
  • 老女 – 江波杏子

森中領(リョウ):松坂桃李

主人公のリョウ役は松坂桃李さん。instagramアカウントはありませんが、Twitterアカウントが運用されています。

御堂静香(みどう しずか):真飛聖

メインヒロインになる静香三役は真飛聖(まとぶせい)さん。リョウの勤めるお店のオーナーであり、リョウの憧れの女性。最後にリョウとの関係がどうなるのか、大注目です。攻略の最後・ラスボス的な立ち位置ですね。

咲良(さくら): 冨手麻妙

静香さんが見守る中、リョウのセックスが上手か見極めるための相手をするのが咲良(さくら)。言葉が喋れない少女という設定。演じるのは冨手麻妙(とみて あみ)さんです。

劇中で一番最初のラブシーンですね。激しいディープキスからお尻を揉まれ、ベッドに倒された後はキャミソールをはぎとられて全裸に。映画とは思えない激しいベッドシーンが展開されます。

最近では「スマホ拾っただけなのに」の主人公・ユウカ役で有名ですね。

ギャル風の女:階戸瑠季

一番最初のオープニング、リョウの自室で一室を過ごした相手役として登場。セックスシーンは無いですが、美しい裸体が印象的です。

ヒロミ:大谷麻衣

リョウの最初のお客様となる女性。初日に「年上の女性をどう思うか」と聞かれただけで帰宅されたので、嫌われたと思ったリョウだったが… 後日改めて指名が入る。ヒロミは気に入った相手と行為を先伸ばしをして、じっくり楽しみたいのだった。

我慢していた分のフラストレーションが凄く、爆発するようなベッドシーンになります。良く撮影できたなあと驚きです (`・ω・´)

イツキ:馬淵英里何

リョウの2名の相手として登場。食事をしながらプラトンの話をするなど、とても知的な印象の女性です。ところが誘われて訪問したイツキの自宅で彼女の特別な性癖を聞かされて… 単なるセックスとは異なる、衝撃的なワンシーンです。

主婦:荻野友里

劇中では3番目の相手役として登場。出産後に旦那とセックスレスになってしまった主婦という設定。ラブホテルで騎乗位から正常位へと激しいベッドシーンを展開します。

紀子:鈴木心音

かなり年上の旦那によってビデオカメラで撮影されながら、リョウと激しいラブシーンを展開。旦那と紀子の希望により、やや強めの激しいセックスを要望されて期待に応えるリョウ。乱暴気味に攻める松坂桃李も見どころです。

老女:江波杏子

大ベテラン女優が登場。手を握りながらリョウの話を熱心に聞いてくれるのだが… まさかラブシーンが展開されるのか?とドキドキする視聴者の予想をはるかに上回る展開となりましたw

白崎恵:桜井ユキ

リョウの大学の友人でもある恵。娼年として仕事するリョウに対して(愛情の裏返しから)厳しい言葉をかけていたはずが… なんと終盤に客として登場します。挑発的な恵に応じるように、リョウも覚悟を決めて本気で攻めていきます。体位の変化が一番多いラブシーンが展開されます。

娼年 あらすじ

名門大学に通う森中領(もりなか りょう)は日常に退屈し、無気力な日々を送っていた。ある日、バイト先に現れた美しい女性に導かれ、領は娼夫・リョウとして働くことに。最初こそ戸惑ったリョウだが、仕事を通して女性の持つ欲望の奥深さに気づき、やりがいを見つけていく。
===
松坂桃李が過激なセックスシーンに挑み、全編ほぼ性描写という衝撃作。描かれるのは単なる性表現ではなく人同士のコミュニケーションであり、奥深い人間ドラマが展開する。

舞台版の演出を務めた三浦大輔が監督・脚本を担当。セックスシーンでは肉体を通した会話を表現するべく、画コンテを描き、1個の濡れ場で30カットに及ぶ撮影を行った。

U-NEXTより引用

アルバイト先のBARで御堂静香と出会うリョウ

アルバイト先のBARに友人アズマが御堂静香(真飛聖)を客として連れてくる。
「女なんてつまらないよ」と会話を交わすリョウと静香。
彼女のグラスの下には「閉店後、店の前で待っています」と書かれた名刺が残されていて…

閉店後に静香がリョウを連れていった先は静香が経営するクラブだった。
「セックスなんて手順が決まった面倒な運動だ」というリョウに対して「本当にそうなのか私に証明してくれないかな」と誘うのだった

静香のクラブで働くことになったリョウ

退屈な世界を変えるために静香の仕事を受けることにしたリョウ。
初めての相手は「ヒロミ(大谷麻衣)」。どう接したら良いのか何もわからないリョウはカフェでもヒロミと上手く会話することができず…特に何もなくお茶するだけで終わってしまうのだった。嫌われてしまったと思ったリョウ。しかし翌日にヒロミからまた予約が入ってきて…

リョウは様々なタイプの女性と出会っていく

リョウに次々と依頼が舞い込むようになる。次の指名はイツキ(馬渕英里何)。すごく綺麗で凄く普通な女性だった。食事をしながら文学の話で盛り上がる二人。食事後にイツキの自宅へ招かれたリョウは、イツキからある告白をされるのだった…

その後もリョウはセックスレスの女性、自分の妻を目の前でリョウに抱かせようとする男性、手を握っただけでだいたいのことがわかる女性など、多くの経験を重ねて人として成長していくのだった。

娼年 感想・口コミ

劇場公演前から女性ファンを中心に高い注目を集めた「娼年」。公開6週目には興行収入3億円を突破の大ヒット作品に。日本初のR18+指定作品で女性限定応援上映も開催された。

なんと本作「娼年」は舞台化も行われ、とても話題になりました。ちなみに舞台版での御堂静香役は高岡早紀さんでした。

松坂桃李の濡れ場の演技に注目

人生に対して目標を感じられず、無機質な毎日を惰性で過ごすリョウ。
松坂桃李さんが演じる心の奥に影がある青年役、すごく合っています。年上の女性を相手にするときの言葉や仕草、痺れますね。

予想以上にガチでエロいシーンが盛りだくさん

松坂桃李さん主演ということで、ラブシーンはかなり抑えた感じなのかと思っていましたが、予想以上にガチなラブシーンが多めで驚きました。撮影現場も相当大変だったのではないでしょうか。

リョウの以下の台詞がお気に入りです。

「厳しい顔、美しい顔、恐れや不安を隠せない顔、女性たちの顔は色々だった。だけど、欲望をむき出しに現れた人は一人もいなかった。誰もが自分の物語をもっている。それは表面的な飾りに過ぎないという人もいるだろう。でも表面を飾ろうとする気持ちだけで、僕はどの女性も魅力的に思えた。そして欲望の秘密はその人の傷ついているところや弱いところにひっそりと息づいている。」

映画「娼年」スタッフ・登場人物・俳優・女優

放送2018年4月より上映 R18+指定
制作製作:映画「娼年」製作委員会
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給 : ファントム・フィルム
製作幹事 : ファントム・フィルム、ハピネット
監督・スタッフ監督:三浦大輔
原作:石田衣良
音楽:半野喜弘
脚本:三浦大輔
製作:小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起
公式サイト映画「娼年」公式サイト
wikipediawikipedia -娼年
公式Twitterhttps://twitter.com/shonen_movie

原作・漫画コミックス情報

原作は石田衣良の 恋愛小説「娼年」(しょうねん、call boy) で 第126回直木賞候補作。続編に『逝年(せいねん)』『爽年(そうねん)』がある。

SNSでの推奨ハッシュタグは #娼年

幸田育子作画により『オフィスユー』で 漫画化も行われている。全3巻。

2016年8月には松坂桃李主演で舞台化も行われた。
御堂静香役を高岡早紀が務めています。

映画「娼年」動画を無料で見る方法 まとめ

最後にまとめです。映画「娼年」の動画を無料でみるための手順は以下のリンクからU-NEXTに登録するだけです。

それでは素敵な動画三昧生活をお楽しみください (*´ω`)ノ

WATCH NOW
松坂桃李主演の映画「娼年」を無料で今すぐ見る
31日間無料トライアル実施中!