エロアニメ・エッチなアニメまとめ13選

白い砂のアクアトープは面白い?感想と作画の評価、覇権になるか【2021夏アニメ】

白い砂のアクアトープ

2021年7月8日からテレビ放送開始となったアニメ「白い砂のアクアトープ」。第1回の放送が行われましたので、簡単な概要と個人の感想、また今後の展開についての予想なども含めて記事にまとめました。

「白い砂のアクアトープ」はどのような物語なのか?あらすじは?

監督・篠原俊哉、シリーズ構成・柿原優子、制作「P.A.WORKS(ピーエーワークス)」による完全新作オリジナルアニメーション作品ということで大きな話題になっています。漫画や小説のような原作がありません。そのためアニメ公式サイトに公開されているイントロダクションが頼りです。

水族館で働く18歳の女子高生・海咲野くくるは、東京で居場所をなくし、逃避行した元アイドル・宮沢風花と出逢う。くくると風花はそれぞれの思いを胸に、水族館での日々を過ごすようになる。しかし、その大切な場所に、閉館の危機が迫りくる。少女たちの夢と現実、孤独と仲間、絆と葛藤──。きらめく新たなページが、この夏、開かれる。

公式サイト introductionより引用

沖縄を舞台にした若者たちの成長物語。よくあるスクールライフでは無く、小さな水族館が閉園する危機を救うお仕事系寄りの話になるとのこと。この辺りはP.A.WORKSによるアニメ作品「凪のあすから」「SIROBAKO」あたりが上手くミクスチャーされたような感じになるのか、期待が高まります。

作品の内容ガール・ミーツ・ガール。沖縄の潰れそうな水族館で館長代理として働く「海咲野(みさきの)くくる」。東京でアイドル活動していたものの夢の途中で自らリタイアした宮沢風香(みやざわふうか)。そんな二人が沖縄で出会い、くくるの夢である水族館の存続を宮沢風香が応援する、夢の実現化に向けて共に奮闘するストーリー。

アクアトープとはどういう意味?

聞きなれない言葉「アクアトープ」について解説しますね。
似た言葉で「ビオトープ」を聞いたことはあるのでは?これは「野生動植物の安定した生息地」という意味です。
このことからアクアトープは「海洋動植物の安定した生息地」と言えるでしょう。

白い砂のアクアトープ第1話感想

第1話のタイトルは「熱帯魚逃げた Two Girls Met in the Ruins of Damaged Dream.」
視聴してからの素直な感想をまとめました。

沖縄の自然を描いた美しいビジュアル・背景

まず最初に感動するのは美しいアニメーションですよね。

今作の舞台が夏の沖縄ということで、リアルタイムで見ている私達の季節にもピッタリ。同じ季節って意外と重要です。現実が夏なのにアニメ世界でクリスマスやバレンタインだと感情移入が難しいですから。

どこまでも続くような青い空。
白い砂浜が続く海岸線、透けるような海の美しさ・
沖縄独特のカラッとした空気感。
熱帯魚を中心としたカラフルな沖縄の魚たち。
そして登場するキャラクターたちの可愛らしさ。
沖縄の方言や、建築物も特徴的で良いですよね。

白い砂のアクアトープファンクラブサイトで背景・美術集など美術設定に関する詳細が描かれた記事を読むことができます。

宮沢風香について

東京でアイドルデビューを目指して活動していた宮沢風香。彼女の過去回想シーンから、現状わかったことをピックアップしてみました。

  • 5人組のアイドルグループとして活動
  • 厳しいレッスンの末、新曲「クローバーラブ」でセンターを勝ち取った風香
  • 事務所社員に後輩メンバーの一人が何かを強く訴えかけている場面を偶然にも聞いてしまう
  • (おそらくそのことがきっかけで)自らセンターの座を降板することと進言。身を引く
  • これにより後輩がセンターになる
  • 風香はアイドルグループを脱退。事務所も辞める

このことから風香は「自分の夢を叶えるためなら何でもする」というタイプではなく、むしろ「自分自身は犠牲になってでも周りの人の幸せを第一に考えてしまう、自分は一歩後ろに下がってしまう」タイプなのでしょう。
事務所の人も「チャンスを人に譲るなんて」と話していましたね。

水族館でイシガキカエルウオを見ながら、「すみっこ」「目立たない」「地味」「頑張り屋さん」というキーワードに自分自身を投影していました。

そのような意味では沖縄に来て水族館存続が夢だと語るくくるのサポート行うことは、ふうかの性格的にとても合っているのではないでしょうか。

海咲野くくるについて

魚が大好きで学校の勉強よりも水族館の活動に力を入れているような印象の海咲野くくる。クラスメイトの二人「照屋月美」「仲村櫂」も今後の展開に大きく関わってくるようです。今後は恋愛ネタも絡めてくるのかな?

性格的にはひねくれたところもなく、ストレートに夢を追いかける女の子と言う印象ですね。

気になるのは、なぜ女子高生でありながら水族館の館長(代理)なのかという点です。本来であれば大人が担当するべき役職。かつての館長は同居している「おじい」が担当していたのでしょうか。おじいは今でも水族館で仕事に関わっているようなセリフもありました。
→公式ネットラジオを聞いたところ、館長はおじい、館長代理がくくる、ということでした。訂正します。

おじい、おばあと同居しており、一緒に食事するシーンがありましたが、父親と母親が出てきませんでしたね。また、くくるが二冊の母子手帳を手にしている場面がありました。この辺りは今後のストーリーに大きく関わってくる伏線なのでしょう。
両親の事、おそらくはくくるの出生に関する話に繋がると思われます。
歳の近い姉妹、または双子の姉妹、といったあたりがアニメで良くある展開ですね。
水族館、両親、姉妹が複雑に絡み合ってくるのではないでしょうか。

1話から深読みすると、双子の姉がいたが過去に亡くなっており、その姉が沖縄の妖精・キジムナーとなって現在はくくるを見守っているとか。

ちなみに、1話でお祈りをしていた時の言葉「まくとぅそーけ なんくるないさー」。
この言葉の意味ですが「正しいことをすれば何とかなるさ」という意味らしいです

沖縄の妖精 キジムナーについて

作品途中で登場する謎の子供がいましたね。ドラゴンフルーツのような髪型をした幼子。おそらくこの子がくくるが言っていた沖縄の妖精キジムナーなのではないかと思われます。

風香がガマガマ水族館で熱帯魚を見ていた時、夢か現実かわからないような大きな波に飲み込まれ、魚たちに囲まれるという不思議な体験をしましたね。この時の風香に対してくくるは「あなたも見えるの?」「ここは不思議なものが見える場所」というようなことを言っていました。このことからくくるも同じような体験をしていると思われます。

風香はなぜ不思議なものが見えるようになったのか

東京からきた風香がどうして水族館で不思議な現象に遭遇したのか。
浜辺で寝てしまった時、魔法陣のように配置された珊瑚の欠片の中で寝ていましたよね。就寝中におそらくキジムナーにいたずらされていたのでしょう。キジムナーに接触した影響で「見えるようになった」と考えるのが妥当かと思われます。浜辺に向かう道の途中でキジムナーとすれ違っていましたよね。

白い砂のアクアトープ 南城市の聖地巡礼について

白い砂のアクアトープは沖縄の南城市が舞台となっています。

「ガマガマ水族館」のモデルが気になるので調査しました。
南城市に水族館はありません。ただし、テーマパークと洞窟をメインとした「おきなわワールド」があります。がまがま水族館では「洞窟」も重要なキーワードですので、水族館ではないが。おきなわワールドがモデルかもしれませんね。

沖縄南部の豊見城市には DMMかりゆし水族館があります。
また風香が見た不思議な光景ではジンベイザメが出てきます。ジンベイザメといえば美ら海水族館ですよね。しかし美ら海水族館は相当大きな水族館です。ガマガマ水族館のような小さな水族館とは規模が違います。

エンドロールを見ると取材協力として「足立区生物園」「サンシャイン水族館」「品川水族館」「DMM かりゆし水族館」「横浜・八景島シーパラダイス」の名前がありました。

これらのことから、がまがま水族館はおきなわワールドをベースとして、取材協力水族館を参考にして独自に作り出した閉園寸前の小規模水族館と考えるのが良さそうです。

白い砂のアクアトープは2021年夏アニメの覇権になるのでは?

美しい映像と、夢を追いかける若者たちの丁寧な心理描写。2話以降もどのような形で展開していくのかとても楽しみです。個人的には2021年の夏アニメで一位・二位を争う作品(いわゆる覇権)になるのではないかと、とても期待しています。

白い砂のアクアトープは2クール

白い砂のアクアトープは2クール制、つまり全24話になると情報をキャッチしました。

正直なところ「24話は結構長いかな」という第一印象を受けました。
オリジナルアニメーションですので漫画や小説の原作が不明。どのような話になるか、まだ誰もわかりません。

これは完全に私の予想なのですが
・水族館の存続が決まるまでが第1クールの12話まで。くくるの夢が叶う所までが1クール。
・第2クールの13話から24話までは、宮沢風香の夢を叶える、再びアイドルの夢を追いかける・沖縄で新たに見つけた夢を追いかける、というようなストーリーになるのではないでしょうか。

くくると風化のダブル主人公といった形だから可能な展開ですね。

仮に風香が「アイドルの夢を再び目指す」となった時、舞台が沖縄ではなく東京になるというのは違和感があるので、舞台が沖縄という点は変わらないのではないでしょうか。

公式ウェブサイトのキャラクター一覧に登場する各メンバーの悩みや夢や成長について、それぞれ2話ほど費やして、ストーリーに厚みを持たせてくるかもしれません。

通常の1クールアニメ全12話の場合はかなり駆け足でストーリーを詰め込まないといけないため、キャラクターの心理描画が浅くなることが多いのですが、本作は2クールあります。じっくり丁寧に描くことができそうですね。

「がまがま水族館 館内放送局」は必聴のインターネットラジオ

「白い砂のアクアトープ」のインターネットラジオ「がまがま水族館 館内放送局」も隔週でオンエアされるとのこと。パーソナリティは海咲野くくる役 伊藤美来さん。毎回ゲストが変わるということですのでこちらも楽しみですね。第1回目のゲストは逢田梨香子(宮沢風花 役)さんです。

白い砂のアクアトープ 関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です